Martiros Manoukian:ナイルの歌
 ナイルと聞くと、古代エジプトの神秘性や、永遠といったイメージが浮かびます。この作品では、黄色、青、黒といったエジプトの神秘的で謎めいた色彩を使っています。そしてこの若く美しい女性自身も謎に包まれています。ここでは、新しいものと古いものが共存し、時代を超えた永遠の雰囲気を醸し出しています。私は、彼女を横側から捉えています。やはり、女性の顔は横から見た時が最も美しいと思っているからです。彼女は真っ直ぐに彼方を見つめ、我々が彼女を見つめていることを全く知りません。彼女の唇は、少し変わった色をしていますが、これは誰もそれに触れることができない、といった印象を与えています。彼女には、心の奥に秘めた多くの夢があります。しかし、それは誰も知ることのできない謎であり、その複雑さは背景の色彩からもうかがい知ることができます。