Martiros Manoukian:炎のような想い
 古代ギリシャをイメージした、非常にエキゾチックで神秘的な作品です。彼女は、貴族の冠を授かっているのですが、この冠は生命の冠、いや、情熱の冠でもあります。彼女が何処から来たのか、どういう人物なのか誰も知りません。彼女はミステリーなのです。しかし、誰かが情熱に栄光を与えなければならないと思い、この作品を創作しました。つまり、炎のように燃えている情熱を賛美する、ということがテーマとなっています。色彩的にも強烈なインパクトのある作品に仕上がっていると思います。