Martiros Manoukian:影の境地
 彼女は愛しい人の影。ずっと思い続けている人なのに実際描こうとすると、彼女の身に着けていた金色の帽子だけが浮かんできて、美しいその横顔が影でしか写らない・・・・