Martiros Manoukian:哀歌
 心の哀歌を歌い上げる女性を描いたもの。彼女自身は全く哀しみを感じているわけではなく、むしろ恋に恋しているようなシチュエーションを楽しんでいるのです。