Martiros Manoukian:アラビアの神話
 アラビアというと「アラビアンナイト」「千夜一夜物語」など、神秘的な物語が頭に浮かんできて、創作意欲を掻き立てられます。この女性は特定の人物ではなく、そのような物語に登場しそうなお姫様、という風に解釈していただいて結構です。この作品に関しては、まず、女性の目と首に独特のアクセントを加えています。また、流れるような線などを用いて、音楽の要素も取り入れています。従って、非常に風変わりな肖像画に仕上がっています。
 色彩について説明しますと、神秘的な4色のみを使用しています。
  黒 ― 闇      白 ― 純粋さ
  赤 ― 勇気、情熱  金 ― 神秘性、気高さ
私の作品の中では、黒と赤は、たいてい一緒に用いられています。暗闇の中の黒い人物という形で、ミステリアスなそしてエキゾチックな雰囲気を出しています。(現代の直訳は『アラビアの月夜』ですが、アラビアの月夜の下で何が起こるのか?といった謎を込めてこの作品は仕上げられています。)