Martiros Manoukian:待望
 後どのくらい彼女は待てるのだろう、耐えられるのだろう。また彼女の心が満たされるようになるまで・・・。