Martiros Manoukian:空虚の愛
 偽りを装った顔のしたで、その瞳だけが自分の行き場を探している。ピエロは永遠のテーマ。