Martiros Manoukian:開花
 自分ではそれと知らずに、いつのまにかこんなに彼のこと(彼女のこと)を思っていた・・・。恋の花が胸に咲いた様子を情熱的に表現した作品。胸のときめきが音楽となって解き放たれ、作品を見ている人に届いて欲しい。