Martiros Manoukian:バラ色の輝き
 彼女は、今後あらゆる意味で、失ってしまうだろう純粋な汚れを知らない魂からの美しさできらきらと輝いている。本人はその美しさに気付いていないからこそ、よけいに美しいのだ。